【お酒が初めて】ローソンで買える缶チューハイおすすめ5選|2022

チューハイランキング

みなさん、乾杯してますか?かんぱいたいむず編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。ローソンで買えるおすすめ缶チューハイを5つ紹介します。


お酒が飲みたくなって最寄りのローソンに寄ってみたけど、どの缶チューハイがいいか迷ったって経験ありませんか。


コンビニには常時100種類以上の缶チューハイが売られているので、その中から自分の好みのお酒を見つけるのは難しいですよね。



この記事ではみなさんが迷わないように、ローソンのおすすめ缶チューハイを5缶紹介します。お酒を初めて飲む人でも安心して飲める、低アルコール缶チューハイも選びましたッ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

コンビニ(ローソン)で買える缶チューハイのおすすめ5選


おすすめ①こだわり酒場のレモンサワー追い足しレモン|サントリー

■商品名:こだわり酒場のレモンサワー〈追い足しレモン〉 350ml
■アルコール度数:5%
■純アルコール量:14.0g
■メーカー:サントリー

■特長:レモンをまるごと漬け込んだ浸漬酒と複数の原料酒、そしてレモン果汁をブレンドしてレモンの味わいを引き立たせ、アルコール度数5%ですっきりとした後口に仕上げました。(公式webサイトより)

おすすめポイント:『こだわり酒場のレモンサワー〈追い足しレモン〉』はドライでキレがよく、酸味がしっかりしているのでサッパリ飲めます。


⇒かんぱいたいむずレビューはこちら



おすすめ②ザ・レモンクラフト 王道レモン|アサヒビール

王道レモン

■商品名:ザ・レモンクラフト 王道レモン 400ml
■アルコール度数:5%
■純アルコール量:16.0g
■メーカー:アサヒビール

■特長:レモン果汁を酵母で発酵した“発酵レモン果汁”を加えた6種類のレモン素材を使用し、まるで本物のレモンまるごとをいれたような果汁感と爽やかさが味わえるアルコール分5%のプレミアムチューハイです。(公式リリースより)

おすすめポイント:個人的に2022年ナンバーワンレモンサワーです。ザ・クラフトレモンシリーズの特長である香りはそのまま、酸味とアルコールのバランスがよく仕上がっています。

⇒かんぱいたいむずレビューはこちら



おすすめ③烏龍チューハイ|サントリー

■商品名:烏龍チューハイ 335ml
■アルコール度数:4%
■純アルコール量:10.7g
■メーカー:サントリー

■特長:中国福建省産の茶葉を使用。茶葉の量を5%増量することで、さらに烏龍茶の豊かな香りと風味を引き出し、さっぱりとした味わいに仕上げています。(公式webサイトより)

おすすめポイント:烏龍茶を使った缶チューハイはサントリー以外の酒造メーカーからも製造・販売されています。サントリーの『烏龍チューハイ』は芳醇で渋味は全くなく、茶葉のほのかな甘みを感じます。紅茶に近い味わいです。


⇒かんぱいたいむずレビューはこちら



↓缶チューハイを1日何本まで飲むのが適正飲酒量か調べてみましたッ


おすすめ④WATTAシリーズ|オリオンビール


■商品名:WATTAシリーズ 350ml
■アルコール度数:4%もしくは5%
■純アルコール量:4%の場合11.6g、5%の場合14.0g
■メーカー:オリオンビール

■特長:オリオンのチューハイWATTAは、沖縄が誇る「ワッター自慢の県産素材で割った」、たのしい気分になれるチューハイです。 沖縄ならではの素材や魅力を、多くの人に発見してもらい、たのしんでほしいという思いが込められています。(公式webサイトより)

おすすめポイント:オリオンビールはストロング系缶チューハイの製造を中止しています。WATTAシリーズはどれも飲みやすく、アルコール度数も低いのでおすすめです。


かんぱいたいむずレビューはこちら



おすすめ⑤檸檬堂 定番レモン|日本コカ・コーラ

檸檬堂定番レモン

■商品名:檸檬堂 定番レモン 350ml
■アルコール度数:5%
■純アルコール量:14.0g
■メーカー:日本コカ・コーラ

■特長:お店の定番の美味しさを実現。すべてのレモンサワー好きの方に。(公式webサイトより)

おすすめポイント:2017年にレモンブームが起こり、その2年後に“檸檬堂”が全国発売されました。レモンサワーカテゴリーにあとから参入してきましたが、レモンへの徹底したこだわりとアルコール度数別のラインナップでいまや“定番缶チューハイ”の一つですよね。ぜひ飲んでみてほしいです。

⇒かんぱいたいむずレビューはこちら




お酒はほどほどに

お酒の飲み方って、だれかに教わったりしませんよね。20歳を過ぎて、大学の先輩や友達と飲み始めたり、両親と飲み始めたりするかと思います。そのときにお酒はどれくらい飲むのが適正の量かや、正しい飲み方を教えてくれる人はまれではないでしょうか。



わたしもお酒を飲み始めたときに、だれかに教わった記憶がありません。そのせいで、お酒による失敗をたくさんしてきました。お酒に関する知識を簡単に説明していきます。

お酒初心者におすすめの飲み方

缶チューハイを飲むうえで、3つ知っておいてほしいことがあります。

■飲酒に関する3つの知識■
  • 適正飲酒量
  • 氷入りのグラスで飲む
  • アルコール体質



くわしく説明していきます。



適正飲酒量を知ろう

厚生労働省が推進する”健康日本21”に適正飲酒量についての説明があります。適正飲酒量は摂取した純アルコール量で計算し、厚生労働省が薦める1日の平均純アルコール量(g)が約20gです。



アルコール度数にもよりますが、缶チューハイに換算すると、1日当たりの”節度ある適度な飲酒”は350mlの缶チューハイおよそ2本です。


缶チューハイ摂取早見表2
缶チューハイ(350ml)2本組み合わせ早見表



⇒適正飲酒量について詳しく知りたい方はこちら


氷入りのグラスに注いで飲もう

缶チューハイは“レディ・トゥ・ドリンク”と呼ばれ、購入後そのまま飲めるアルコール飲料です。しかし、缶のまま飲むのはオススメしません



ぜひ氷を入れたグラスに注いで飲みましょう。



理由はアルコールの吸収を和らげるためです。急なアルコールの吸収は、急性アルコール中毒のリスクがあります。氷を入れたグラスで飲めば、氷が解けることで1度に飲む一口あたりのアルコール摂取量が減ります。




自分のアルコール体質を知ろう

自分のアルコール体質を知ることは大事です。わたしは検査を受ける前まで、“自分はお酒が強い”と思っていました。しかし、実際は違ったのです。


わたしの検査結果は、依存症リスクが最も高い大酒飲みタイプでした。大酒飲みタイプと聞いて、お酒が強いのではと思う方もいるかもしれません。



“依存症リスクが最も高い大酒飲みタイプ”はアルコールを分解する遺伝子があまり活動しないために、アルコール分解が遅く、酔うまでに時間がかかっていただけでした。



“お酒が強い=アルコールの分解が早い”と考えてた私は、検査結果にショックを覚えました。自分のアルコール体質を知ってからは、飲酒の終盤に炭酸水を飲むようにしています。分解が遅いので、炭酸水を飲んでいるだけでも酔いが進みます。


⇒アルコール体質を知りたい方はこちら




まとめ :【初めての方向け】ローソンで買える缶チューハイの種類で気をつけること

おすすめが5つしかないのは、少ないと感じた方もいるかもしれません。5つしかおすすめしなった理由は、お酒が初めての方や苦手な方に向けて厳選したからです。コンビニのチューハイ売り場の棚割りを見てください。


ローソンの缶チューハイの棚


缶チューハイ市場は現在、高アルコールいわゆるストロング系が主流です。そのためコンビニのお酒売り場もストロング系チューハイが手に取りやすい位置に来ていて、種類も豊富なんですよね。



しかし、お酒初心者にとっては、地雷原と言えます。今回おすすめした缶チューハイを参考に、楽しいお酒ライフを送ってほしいです。



↓コンビニで買えるおすすめ缶チューハイまとめました


↓2022年おすすめ缶チューハイをまとめました!


執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes


stop20-2
stop20

コメント

タイトルとURLをコピーしました