【無添加】naturaWATTA かーぶちーサワー<おすすめ度星5>オリオンビール|缶チューハイ

アルコール度数4%

余計なものは入れず、厳選した素材本来の自然なおいしさが特長のnaturaWATTAシリーズ。今回紹介するのは、オリオンビールの『naturaWATTA かーぶちーサワー』だッ。
みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。


筆者は無添加缶チューハイの”naturaWATTA”に興味があるが、”かーぶちー”にも興味津々である。かーぶちーとはどんな味だろうか。

↓コンビニで買えるおすすめ缶チューハイをまとめました!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

・『naturaWATTA かーぶちーサワー』の味は?

原材料

“naturaWATTA”は、香料・人工甘味料・着色料が無添加である。余計なものが入っておらず、厳選した素材本来の自然なおいしさに仕上げたのが”naturaWATTA”である。かーぶちーに関しては後で触れるので、とりあえず飲んでみる。ごくり。


皮の味が濃い温州みかんの味がするッ


『naturaWATTA かーぶちーサワー』は飲む前に、缶を逆さまにしてから飲もう。グラスに注いでびっくりしたが、ほんの少しトロッとしている。 筆者は『naturaWATTA かーぶちーサワー』 を飲んで初めてかーぶちーを味わった。かーぶちーの味は温州みかんの味がする。かーぶちーとはどんな果実なのか。

・かーぶちーとはどんな果実なのか

かーぶちーは『naturaWATTA かーぶちーサワー』のパッケージに、琉球王朝時代から伝わる果実と表記されている。ピンとこないので詳しく調べてみた。

かーぶちーとは

かーぶちーとはとても皮が厚いことから“カー(皮)ブチー(分厚い)”と呼ばれています。このカーブチーは沖縄在来種の柑橘として、古くから沖縄で食されてきました。

JAおきなわが取り扱うカーブチーは、本部町(もとぶちょう)の伊豆味(いずみ)、国頭村(くにがみそん)の奥が主要な生産地になっています。

古くから沖縄で食される、沖縄在来種のミカン「カーブチー」とは?より


かーぶちーは一部地域でしか栽培されていない希少な果実だ。シークヮーサーと見た目が同じなので、沖縄で食べる際は気を付けて食べようッ。

↓お酒を飲んだら顔が赤くなったりしますか?体質チェックをしてみましょう。


・『naturaWATTA かーぶちーサワー』に合うおすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

タンブラー おすすめ度★★★☆☆
飲みやすいが、かーぶちー感は薄い

タンブラー


ふつうのコップ おすすめ度★★★★★
かーぶちーの味が楽しめ、さっぱり飲みやすい

ふつうのコップ


ジョッキ おすすめ度★★★★☆
かーぶちーの皮の苦みがほのかに感じられる

ジョッキ



↓おすすめのグラスは?で使っているタンブラーです。焼酎のメモリがついていて便利。


・WATTAシリーズ

WATTAは2019年にオリオンビールが立ち上げたチューハイブランドだ。オリオンビールは当初WATTAを沖縄県内のみで販売をしていたが、2021年4月に関東での販売を解禁した。

筆者はお酒初心者にぜひWATTAシリーズを勧めたい。オリオンビールはお酒を飲む人たちの健康のため、高アルコールチューハイを廃止している。WATTAもアルコール度数4%と、安心して飲める度数である。お酒を買うのに迷ったときはWATTAを選んでみてほしい。

・『naturaWATTA かーぶちーサワー』の評価:おすすめ度星5

独自評価


↓二日酔いになったときに必要なことは●●です!


『naturaWATTA かーぶちーサワー』純アルコール量:11.2g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:オリオンビール,JAおきなわ

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました