【早見表あり】アルコールを分解するのにかかる時間は?早める方法は?

アルコールを摂取すると、顔が赤くなったり、脈が速くなったりとさまざまな症状が体にあらわれます。


飲酒量によっては飲み終わって1時間経っても、顔の赤さが戻らないですよね。



アルコールはどのくらいの時間で分解されるのでしょうか


スポンサーリンク
スポンサーリンク

体がアルコールを代謝する時間は?

お酒を飲んだ次の日、呼気がまだお酒くさいなぁなんてことありませんか。



アルコールを分解するのは肝臓の役割です。あなたがどれだけお酒を飲んでも、肝臓が分解できるアルコールの量は時間あたりに一定量しか分解されません



体がアルコールを分解するのにはどれくらいの時間がかかるのでしょうか。

アルコールの分解にはどのくらいの時間がかかる?

お酒を飲み始めてから、血中のアルコールがピークに達するのに約60~90分かかります。血流に乗ったアルコールは肝臓に達し、やっと分解され始めるのです。



アルコールを分解するためにかかる時間は、純アルコール量20g程度の飲酒量で4,5時間かかるとされています。

純アルコール量とは、お酒に含まれるアルコールの量(g)です。お酒は一般的にアルコールの濃さ(%)で表記されていますよね。最近は純アルコール量を表記するメーカーも増えてきています。パッケージ裏面を見てみてください。



純アルコール量を使用すると、酒の種類や強さを考えずに飲酒量を把握することができます。厚生労働省が発表する健康日本21では、節度ある適度な飲酒は1日平均純アルコールで約20g程度です。



純アルコール量の計算式は、

お酒の量(ml) × アルコール度数 × 0.8(アルコールの比重)



お酒を飲んでいる最中に純アルコール量の計算なんて面倒ですよね。お酒の種類別に純アルコール量20g程度の飲酒量がどのくらいか表にしてみました。


名称ビール(中ジョッキ)ビール(缶)ワインウイスキー日本酒焼酎
アルコール度数6%6%12%40%15%25%
飲酒量400ml500ml200ml65ml170ml100ml
純アルコール量19.2g24g19.2g20.8g20.4g20g


缶チューハイで見てみましょう。

缶チューハイ1缶あたりの純アルコール量早見表


緑ゾーンは適正飲酒量の20g以内にある缶チューハイです。黄色ゾーンはギリギリOK、赤ゾーンは基準を完全にオーバーしているものです。


アルコール度数別の缶チューハイ2本飲んだ場合の早見表を見てください。

缶チューハイ2本の場合の早見表



日本の研究結果では純アルコール量20g相当のお酒を分解するのに、4,5時間かかるとしています。



しかし、アルコールに関するアメリカの記事を読むと、4,5時間では摂取したアルコールの半分しか分解されず、体からすべてアルコールを取り除くには25時間かかるとあります。



分解にかかる時間は体質でも違います。
アルコール体質検査はとっても簡単!


アルコール分解時間の計算ツール

次の日に仕事があったり、大事な用事があったりする場合でも、お酒を飲まなけれないけない時がありますよね。おおよその分解時間がわかれば、飲むのをやめて明日に備えられるでしょう。



今すぐアルコールの分解時間を知りたい方は、ぜひ「単位・ドリンク換算/分解時間のめやす電卓」を使ってみましょう。




分解時間の計算ツールは現代のアルコール関連問題を解決しようと活動する特定非営利活動法人ASKが提供するものです。


アルコールの分解に影響する要因は?

時間あたりのアルコールが分解される量は睡眠時間や体調、空腹度によって変わってきます。アルコール分解に影響を与える要因は他にもあります。


:処方箋や市販薬は、アルコールによって危険な作用をもたらします。服用中の薬がある場合、お酒を飲む前に必ず医師に相談しましょう。



性別:女性は男性よりもアルコールの分解に時間がかかることが研究で分かっています。女性は胃におけるアルコール分解酵素の活性が低く、分解される前にアルコールが血液に到達する割合が高くなる可能性があるからです。



体の大きさ:体重が少ないほど、体内の水分量が少なります。アルコールは血中に入りますが、水分が少ないと血中アルコール濃度が高くなります。体が小さい人は体が大きい人に比べ、同じ程度の飲酒をした場合に血中アルコール濃度が高くなるのです。


体内のアルコールを検出できる期間は?

飲酒後にアルコール検査をした場合、検査方法次第で最大90日間までアルコールを検出できます。体質によってアルコールを分解するのに時間がかかる人がいるのです。


参考までに、アルコールを検出できる最大の時間を載せておきます。※あくまで目安です。


●血液検査:12時間
●呼気検査:24時間
●唾液検査:48時間
●尿検査:5日間
●毛髪検査:90日


アルコールの分解を早める方法は?

いますぐにアルコールを分解、体外に出したいと思う方がいるでしょう。しかし、

アルコールの分解を早める方法はありません。




コーヒーやカフェイン飲料を飲むといい、と噂がありますが、全く効果はありません。心を落ち着かせるくらいの効果しかないです。


分解にかかる時間は体質でも違います。
アルコール体質検査はとっても簡単!


まとめ:アルコールを分解するのにかかる時間は?

あなたがアルコールを摂取すると、顔が赤くなったり、脈が速くなったりとさまざまな症状が体にあらわれます。


あなたの体調や体質によって、アルコールを分解する時間が変わります。



今回お伝えしたアルコールの分解時間は研究結果をもとにした一般的な時間です。あなた自身に完璧に当てはまるものではないので、飲みすぎないように注意しましょう



執筆:かんぱいたいむず編集長S

コメント

タイトルとURLをコピーしました