【すいすい】宝焼酎の濃いお茶割り〜カテキン2倍〜<おすすめ度星4>宝酒造|缶チューハイ

アルコール度数4%


糖質ゼロ、香料・着色料不使用、カテキン2倍で肥満予防。今回紹介するのは、宝酒造の『宝焼酎の濃いお茶割り〜カテキン2倍〜』だッ。
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


市販の”緑茶割り”は緑茶の味が薄かったり、焼酎の味が濃かったりと、お酒のバランスがとれていないことが多い。今回の『宝焼酎の濃いお茶割り〜カテキン2倍〜』はどうだろうか。

二日酔い・飲み過ぎで翌日が気になる方へ



筆者は普段から、水分補給で緑茶を常飲している。緑茶に関してうるさいわけではないが、ごくごく飲めるくらいの渋すぎない緑茶が好みだ。とりあえず飲んでみる。ごくり。


渋すぎず、爽やかな味わいッ



”カテキン=渋い”という印象があり、”カテキン2倍”は口の中に渋さを残すだろうと思っていた。しかし、『宝焼酎の濃いお茶割り〜カテキン2倍〜』は飲みやすく、アルコール臭さも感じない。


・カテキンとは

緑茶にカテキンが含まれていることは知られている。しかし、筆者はカテキンに関してあまり知らないので、調べてみた。

カテキンとは

 カテキンとは、主に緑茶に多く含まれているポリフェノールの一種です。ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、不規則な生活習慣やストレスによって増えすぎた活性酸素を抑え、生活習慣病の予防に役立つことで知られています。カテキンは、植物に含まれる苦み(渋み)成分で、緑茶や紅茶、ウーロン茶などに含まれていますが、その中でも最もカテキンを多く含むのは緑茶です。

わかさの秘密より



カテキンの効率的な摂り方は、緑茶から摂取することが最も効率的である。カテキンをはじめとする有効成分は、一番煎じ(最初に煎じたもの)で40%、二番煎じで20%ほどが茶殻に残ってしまう。したがって、茶葉ごと摂るとカテキンを無駄にせず摂取することができる。



果肉入りならぬ、茶葉入りの緑茶割りの開発を求むッ





・おすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

タンブラー おすすめ度★★★★★
しっかりとした緑茶が楽しめる


②ふつうのコップ おすすめ度★★★★☆
飲みやすいが、緑茶の味わいが薄い


ゴブレット おすすめ度★★★☆☆
よくない香りを感じ、飲みにくい






・緑茶は夜飲んで大丈夫?

緑茶にはカテキン以外にも、カフェインが入っているのは有名だ。覚醒効果のあるカフェインを、夜に摂取するのはいかがなものか。しかし、緑茶は飲みたい。そんな疑問を解決してくれたのが、”あなたの静岡新聞”というサイトだッ。日本茶の主要生産地らしい、ユニークな記事である。続きはあなたの静岡新聞で確認してみてほしい。


『宝焼酎の濃いお茶割り〜カテキン2倍〜』純アルコール量:10.72g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:宝酒造,わかさの秘密,あなたの静岡新聞

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

↓にほんブログ村に登録中!応援よろしくおねがいいたします!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログの更新のお知らせブロトピ:ブログを更新しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました