【今年1番】樽ハイ倶楽部 レモンマシマシサワー<おすすめ度星5>アサヒ|チューハイ


樽ハイ倶楽部シリーズに新フレーバー登場ッ今回紹介するのは、『樽ハイ倶楽部 レモンマシマシサワー』
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


『樽ハイ俱楽部 レモンマシマシサワー』 は炭酸のキレ、レモンのすっぱさ、アルコール感、すべての要素が見事なバランスで成り立っている。完璧な”レモンサワー”が、ここに誕生ッ


期間限定でコンビニ限定というもどかしさ
『樽ハイ倶楽部 レモンマシマシサワー』に関して、多くを語るつもりはない。


とにかく、まずは飲んでみてほしい。


しかし、残念なことにコンビニエンスストアでの限定発売なのだ。手に入りづらい可能性がある。こんなに飲んでほしい・飲みたい缶チューハイが気軽に買えないなんて。


・ザ・お手本
正直な話をすると、市販のレモンサワーは、すっぱさが物足りなかったり、ちょっと甘かったりする。

しかし、



『樽ハイ倶楽部 レモンマシマシサワー』は完璧なレモンサワーである。


レモン果汁を5倍にしたことによる見事なすっぱさ。味の後半の鼻から抜けるアルコールのにおい。




お見事



期間限定なのが本当に悔やしい



・ベストな飲み方は?
缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


タンブラー おすすめ度★★★★★
飲みやすく、すっきりとしている。好みでジョッキと使い分けてほしい


ふつうのコップ おすすめ度★★★★☆
飲みやすさは1番だが、アルコール感が弱く感じる


ジョッキ おすすめ度★★★★★
タンブラーと一緒で飲みやすく、すっきりとしている



・まちがいなくナンバーワン
レモンサワーブームから4年。今年も数多くのレモンサワーが発売している。コンビニやスーパーで缶チューハイの売り場に行くと、レモンサワーが高い割合で棚を占めている。


そんなたくさんのレモンサワーが売られているが、

筆者はここに宣言する。



『樽ハイ倶楽部 レモンマシマシサワー』は、




缶チューハイ史上ナンバーワンであるとッ




期間限定といわず、通年販売を希望する。




『樽ハイ倶楽部 レモンマシマシサワー』純アルコール量:14g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:アサヒビール

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

↓にほんブログ村に登録中!応援よろしくおねがいいたします!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です