【本格的】ご褒美搾りレモン<おすすめ度星4>サンガリア|チューハイ

アルコール度数3%

いまや缶チューハイで〇〇搾り系は数多く存在する。あまり目立たないが、本格派の”搾り系”をご紹介ッ。今回は、サンガリアの『ご褒美搾りレモン』だッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。


缶チューハイ業界は、贅沢搾り、本搾り、ご褒美搾り、と果汁にこだわった”搾り系缶チューハイ”が乱立している。しかし、本当においしい缶チューハイは、果汁と糖類のバランスが絶妙だ。『ご褒美搾りレモン』は、”ご褒美”とうたうほどのプレミアム缶チューハイであるッ

↓おすすめレモンサワーはこちら


原材料

”搾り系缶チューハイ”の肝、果汁量を見てみよう。『ご褒美搾りレモン』の果汁量は”10%”である。ほかの”搾り系缶チューハイ”と比べると、果汁量の点では少し物足りない。しかし、果汁が多いからといって、イコール美味い缶チューハイではないッ


最初に述べたが、大事なのは”果汁量と糖類のバランス”である。糖類やアルコールとのバランスが取れる果汁量こそが、肝なのである。市販のレモンサワーの平均果汁含有率が”4.68%”(※市販レモンサワー15缶平均)なので、




果汁”10%”の『ご褒美搾りレモン』はレサワ好きにとってレモンを楽しめて、



かつ甘さを引き立てるちょうどいいバランスなのだッ。




・本当のご褒美レモンを発見

『ご褒美搾りレモン』というフレーズを見て、”高級なレモン”ってあるのかと疑問を抱いた。近隣のスーパーでレモンを買うと、2個で198円ほどである。筆者にとっては、198円でも高級フルーツである。


とりあえず、Googleで「レモン 高級」と調べてみた。



一番上に表示されたwebサイトだが、




”観音山レモン”



名前からして、高級そうだッ。



公式webサイトを見てみた。
観音山レモンを栽培している”観音山ガーデンさん”はなんと”皇室に献上したことのあるレモン栽培農園”なのだッ

平成9年に天皇皇后両陛下がお料理とレモンティーで召し上がったそうだ。


高級中の高級じゃないか。



とりあえずぽちった

↓観音山レモンでチューハイ作ってみた


・『ご褒美搾りレモン』に合うおすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


タンブラー おすすめ度★★★☆☆
飲みやすいが、レモンの主張が強い

タンブラー


ふつうのコップ おすすめ度★★★★★
レモン、甘さ、アルコール、飲みやすさと完璧だ

ふつうのコップ


ジョッキ おすすめ度★★★★☆
ガツンと飲みたい方にはおすすめだが、少し飲みにくい

ジョッキ


↓おすすめのグラスをランキング形式でご紹介ッ


・次回予告「高級レモンサワーに、編集長Sは何を見るか」

さきほど話の流れでぽちった献上品”観音山レモン”は、そろそろ収穫が始まるようで、9月下旬には筆者のもとに到着する予定だ。市場を通さず、農園から直送とのことである。


防腐剤・ワックス不使用の新鮮なレモンで作るレモンサワーは、




(筆者にとって)ご褒美に違いないッ


話はだいぶそれたが、サンガリアの『ご褒美搾りレモン』は、すっぱすぎず甘さとのバランスが絶妙なレモンサワーとなっている。128円で飲めるなんて、なんてご褒美だッ


・まとめ『 ご褒美搾りレモン』の評価:おすすめ度星4

  • 飲みやすさ・・・★★★★
  • アルコール感・・・★★
  • 甘さ・・・★★★★
  • オリジナリティ・・・★★★

※オリジナリティは筆者が商品に感じた独自性を数値化


↓二日酔いになったときに必要なことは●●です!



『ご褒美搾りレモン』純アルコール量:8.4g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:ローソン,観音山ガーデン

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました