【リラックス】TRULY WILD BERRYトゥルーリー・ワイルド ベリー<おすすめ度星3>|ハードセルツァー


話題の"ハードセルツァー"を1缶ご紹介ッ。今回はミックスベリーかおる『トゥルーリー・ワイルド ベリー』
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


最近耳にする”ハードセルツァー”。日本ではまだまだ種類は少ないが、全米でシェア率の高い”トゥルーリー”を飲んでみたッ



・ハードセルツァーとは
そもそもハードセルツァーとはなんぞやという方もいるだろう。
わかりやすく言うと、“フレーバー付きのアルコール入り炭酸水”であるッ


チューハイや、ビールといったアルコールの”新しいカテゴリー”なのだ。



そして、



ハードセルツァーの特徴は、



”低カロリー・低糖質”


カロリーを比べてみよう。日本で売られている缶チューハイのカロリーはおよそ45kcal/100mlである。
しかし、今回紹介する『トゥルーリー・ワイルド ベリー』は、




"100mlあたり19kcal"!



なんと半分以下なのだッ


・肝心の味は
どれだけ低カロリーといっても、お酒としてはどうなのか。缶がおしゃれなので、まずはそのまま一口。



ごくり



ほわぁぁ



味うんぬんより、ベリーの香りが強烈


ベリーガムを噛みながら、炭酸水を飲んでいるような。若者に人気なワケは、おそらくこの強烈なフレーバーと炭酸の相性にあるようだ。飲みやすくて、一気に飲んでしまった。



そして、



当然酔った




ベストな飲み方は?
缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


ロックグラス おすすめ度★★★
香りを感じたければロックグラスが一番だが、飲みにくい


②ふつうのコップ おすすめ度★★★★
アルコール感がなく、フレーバ付き炭酸水を飲んでるよう


ワイングラス おすすめ度★★★★★
香りや、アルコール感がちょうどよく、お酒として楽しめる



・日本とハードセルツァーの相性
日本では飲料水としてフレーバー炭酸水が人気を集めている。


スーパーの店長だったとき、ウィルキンソンのレモンフレーバーが売れていた。おそらく健康志向の方々が飲んでいるのだと思う。日本にはフレーバー炭酸水を飲む習慣があるのだ。


だから、”フレーバー炭酸水”+”アルコール”の”ハードセルツァー”は受け入れられやすいのではないか。


しかし、今回スーパーを3店舗まわって、手に入れられたハードセルツァーはたった3種類




来年にはもっと身近な飲み物になっていてほしい。



『トゥルーリー・ワイルド ベリー』純アルコール量:14g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:日本ビール株式会社,TRULY HARD SELTZER

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です