【新鮮】NATIVE Kiwifruit & Lime<おすすめ度星5>|缶チューハイ

アルコール度数4.6%

今話題のハードセルツァーを地元スーパーで発見ッ。今回紹介するのは、NativeSparklingの「NATIVE Kiwifruit & Lime」だッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。



「NATIVE Kiwifruit & Lime」はニュージーランド発のハードセルツァーである。キウイとライムの組み合わせ日本のチューハイでは中々見ない。味はどうだろうか

↓ほかのハードセルツァーはこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク

・『NATIVE Kiwifruit & Lime』の味は?

原材料

「NATIVE Kiwifruit & Lime」は地元スーパーでハードセルツァーとして販売されていたが、原材料をみると“ハードセルツァー”の定義から外れている気がする。とりあえず飲んでみる。ごくり。


ほぼライムの味だが、まろやかな味わい


「NATIVE Kiwifruit & Lime」は商品名通り、キウイとライムの果汁が入っている。しかし、飲みやすさのためかアップル果汁も入っているのだ。「NATIVE Kiwifruit & Lime」はライムが含まれているためキリッとした味わいになるはずが、アップル果汁のおかげでコクのある味わいである。


・ハードセルツァーとは

ハードセルツァーはアメリカで話題のフレーバー付き炭酸アルコール飲料である。話題になった理由は、2つある。


一つは健康志向の人たちにハードセルツァーがハマったからである。ハードセルツァーの最大の特徴はローカロリーで、近年健康への意識が高まっているアメリカの人たちの興味をひいたのだ。


もう一つはオシャレなパッケージである。日本で若者のビール離れのニュースがたまにあるが、アメリカでも例外ではない。若者はなぜビールを飲まなくなったかはおいておくが、お酒を飲まないわけではない。ハードセルツァーはオシャレで飲みやすいことで、いまの若者に受け入れられたようだ。

↓おすすめ缶チューハイをまとめました!


・『NATIVE Kiwifruit & Lime』に合うおすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

タンブラー おすすめ度★★★★☆
ライムが感じられ、さっぱり飲める

タンブラー


ふつうのコップ おすすめ度★★★☆☆
飲みにくい

ふつうのコップ


ジョッキ おすすめ度★★★★★
ライムやりんごが感じられ、飲みごたえがある

ジョッキ


↓おすすめのグラスをランキング形式でご紹介ッ


・日本で買えるハードセルツァーは?

ハードセルツァーは結局缶チューハイじゃないのか、と言われる。ハードセルツァーのカロリーは日本で売られている缶チューハイのカロリーの1/2程度である。新しいジャンルとして受け入れてほしい。


ハードセルツァーはアメリカで話題と書いたが、日本でも大手メーカーが製造もしくは販売していて、手に入れることができる。日本では、コカ・コーラの”Topo Chico(トポチコ)”オリオンビールの”DOSEE(ドゥーシー)”サッポロの”WATER SOUR(ウォータサワー)”の3つが有名である。


その他、スーパーでも輸入されたハードセルツァーを販売している。筆者はスーパーのOlympicで”TRULY(トゥルーリー)”、今回紹介した”NATIVE(ネイティブ)”をスーパーキタムラで手に入れた。


人によってはほぼ毎日お酒を飲むだろう。筆者は休肝日の土曜以外、毎日飲んでいる。塵も積もれば山となり、カロリーもいつの間にかお腹に積もっているかもしれない。ハードセルツァーは酒飲みの健康を支えてくれる存在になるかもしれない。見かけたらぜひ飲んでみてほしい。

・『NATIVE Kiwifruit & Lime』の評価:おすすめ度星5

  • 飲みやすさ・・・★★★
  • アルコール感・・・★★
  • 甘さ・・・★
  • オリジナリティ・・・★★★★

※オリジナリティは筆者が商品に感じた独自性を数値化

NATIVE Kiwifruit & Lime



『NATIVE Kiwifruit & Lime』純アルコール量:12.14g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:NativeSparkling

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました