【レモンオレ】関東・栃木レモン ミルクカクテル<おすすめ度星4>ドトールコーヒー|缶チューハイ

アルコール度数3%

ちゃんとしたミルク感がありながら、フルーツの香りも楽しむことができる味わい。今回紹介するのは、ドトールコーヒーの『関東・栃木レモン ミルクカクテル』だッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。



関東生まれではない筆者は、”関東・栃木レモン”になじみがない。レモン・牛乳・お酒のコラボは、どんな味がするのだろうか。

↓ドトールコーヒーのおすすめチューハイはこちら


スポンサーリンク
スポンサーリンク

・『関東・栃木レモン ミルクカクテル』の味は?

原材料

『関東・栃木レモン ミルクカクテル』は200mlのミニボトルである。アルコール3%なので氷を入れなくてもいいが、量が少ないので長く楽しむなら氷を入れるのをおすすめする。とりあえず飲んでみる。ごくり。


レモンのまろやかな酸味と苦みが味わえ、後味すっきりッ


『関東・栃木レモン ミルクカクテル』はそのまま飲むと、口当たりが重い。口の中でひっかかるのは、生クリーム風味調味料のせいかもしれない。


しかし、氷を入れて飲むと、全く違う味わいになる。レモンが爽やかに香り、甘みもまろやかで飲みやすくなるのだ。『関東・栃木レモン ミルクカクテル』は、風呂上りに飲みたい1杯だッ


・関東・栃木レモンとは

筆者は”関東・栃木レモン”に馴染みがない。ご当地フェアでたまに見かけるが、これまで買ったことはなかった。”関東・栃木レモン”について調べてみた。

関東・栃木レモン

レモン牛乳は、栃木県産の生乳に砂糖やレモン香料などを加えたレモン色の乳飲料。

昭和の戦後まもなく誕生した乳飲料で、宇都宮市の関東牛乳が「関東レモン牛乳」の名称で発売していた。甘いものが貴重な時代、子供にとっては特別な日に給食などに出される贅沢品でもあったようだ。以来、人気は衰えず、懐かしい栃木の味として長い間親しまれてきた。

ところが、平成16年に関東牛乳は廃業し、レモン牛乳は姿を消した。

しかし、慣れ親しんだ味が無くなるのは寂しい、と多くの声があがり、翌年、栃木乳業が製造法を受け継ぎ、「関東・栃木レモン」として復活を遂げたのである。

栃木乳業”レモン牛乳物語”より

”関東・栃木レモン”は2012年から2016年の5年間、 栃木県アンテナショップにて販売売上でNo.1を達成した。


↓ネットでも買えるみたいですね。


・『関東・栃木レモン ミルクカクテル』に合うおすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

ゴブレット おすすめ度★★★★☆
甘みとコクが感じられる

ゴブレット


ふつうのコップ おすすめ度★★★★★
さっぱりさらりと飲みやすい

ふつうのコップ


ショットグラス おすすめ度★★★☆☆
生クリーム風調味料が口の上にはりつく

ショットグラス


↓おすすめのグラスをランキング形式でご紹介ッ


・デザートチューハイ

『関東・栃木レモン ミルクカクテル』の特徴はやさしい甘さである。食事と合わせるのが難しい味わいだが、デザートとして楽しめそうだ。

『関東・栃木レモン ミルクカクテル』を軽く凍らせてシェイクにしたり、バニラアイスにかけて食べてみたりするのもいいかもしれない。

・まとめ『関東・栃木レモン ミルクカクテル』の評価:おすすめ度星4

  • 飲みやすさ・・・★★★
  • アルコール感・・・★
  • 甘さ・・・★★★★
  • オリジナリティ・・・★★★★

※オリジナリティは筆者が商品に感じた独自性を数値化


↓”関東・栃木レモン牛乳”は飲み物だけではないんですよね


↓コンビニで買えるおすすめ缶チューハイをまとめました!


『関東・栃木レモン ミルクカクテル』純アルコール量:4.8g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:ドトールコーヒー,ローソン,栃木乳業

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました