【さっぱり】The CHOYA 梅プレッソ<おすすめ度星3>チョーヤ|チューハイ


”梅”をしっかり感じられる缶チューハイ。今回紹介するのは、『The CHOYA 梅プレッソ』
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


梅のお酒といえば、梅酒リキュールを炭酸・水で割るイメージである。しかし、『The CHOYA 梅プレッソ』は、梅好きのための手軽な”梅サワー”缶チューハイだッ




・トラウマ
筆者は梅酒に、あまりいい思い出がない。決して梅酒が悪いわけではなく、筆者の飲み方が悪いのである。


梅酒リキュールの度数は平均10%だ。当時の血気盛んな筆者は、アルコール度数10%を甘く見ていたのだ。そして、梅酒をロックで飲むという。




結果は察してほしい・・・


しかし、読者にそういった間違いをおかさないよう、楽しく飲んでもらうために、筆者はこのブログを始めたのだ。



払拭
『The CHOYA 梅プレッソ』が梅酒と違う点は、


”7%の梅果汁”を加えていることだ。




正直言うと、梅酒は”あまい”。しかし、梅は本来、”すっぱい”ものである。『The CHOYA 梅プレッソ』は梅果汁をブレンドする事で、梅本来の酸味が効いた甘さ控えめのスッキリした味わいになっている。




ベストな飲み方は?
缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

たまご型 おすすめ度★★★★★
梅の香り、梅の味、アルコールとバランスがいい


ゾンビグラス おすすめ度★★★★
梅を強く感じるが、甘さも強い


ジョッキ おすすめ度★★
アルコールを強く感じ、のみにくい



・梅酒初めての方へ
初めてお酒を飲むとき、梅酒を選ぶ方が多いのではないだろうか。
梅酒リキュール自体、ほかのスピリッツ・リキュールに比べて度数が低い。炭酸やお水で、割ることもできる点もエントリーしやすい。


しかし、最初に”梅サワー”の正解を知っておいてほしい。『The CHOYA 梅プレッソ』は、今後梅酒を飲む際のお手本の味になるだろう。



『The CHOYA 梅プレッソ』純アルコール量:14g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:CHOYA

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です