【濃厚】はちみつ&レモンスカッ酒<おすすめ度星5>北海道麦酒醸造|缶チューハイ

アルコール度数3%

瀬戸内産のレモンと北海道の蜂蜜を使用した缶チューハイ。今回紹介するのは、北海道麦酒醸造の『はちみつ&レモンスカッ酒』だッ。
みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。


はちみつレモンは疲労効果やリラックス効果がある。『はちみつ&レモンスカッ酒』は砂糖や人工甘味料が不使用で、はちみつとレモン、アルコール、炭酸しか使われていない。味はどうだろうか。

↓成城石井で買えるおすすめ缶チューハイはこちら


原材料

『はちみつ&レモンスカッ酒』砂糖、甘味料、香料、酸味料不使用で、はちみつとレモンの味だけで勝負を仕掛けてきている。正々堂々、素材の真っ向勝負である。とりあえず飲んでみる。ごくり。


はちみつが濃いッ、が後味さっぱり


『はちみつ&レモンスカッ酒』の味は、はちみつ8割、レモン2割くらいに感じるほど”はちみつ”の味が濃い。しかし、レモンが含まれていることで飲みやすい仕上がりだ。


・はちみつとレモンの効能

”はちみつレモン”には運動の後に摂取するイメージがある。理由は疲労回復効果が期待できるからだろう。ほかにも健康効果が期待できると聞いたので、調べてみた。


はちみつは、

はちみつの主な効果

はちみつは、糖類を主成分とし、ビタミン類やミネラル類、アミノ酸、有機酸、ポリフェノール、グルコン酸などが豊富に含まれる栄養価の高い食品です。疲労回復、整腸作用、老化や病気の予防、美容など多岐に渡る効果を発揮します。

◎疲労回復効果
◎糖尿病を予防する効果
◎腸内環境を整える効果
◎美肌効果
◎老化を防ぐ効果
etc…

わかさの秘密より
photo@rose015


続いてレモンは、

レモンの主な効果

レモンは柑橘類の中でも多くのビタミンCを含む、ビタミンCの代名詞的な存在の果物です。 クエン酸も豊富に含まれており、ビタミンCの効果と合わせて美肌効果や疲労回復、風邪予防などに効果を発揮します。

◎美肌効果
◎免疫力を高める効果
◎ストレスをやわらげる効果
◎疲労回復効果
◎高血圧を予防する効果

わかさの秘密より
観音山レモン


↓国産レモンを使ってチューハイ作ってみた


はちみつとレモンは両方ともに”疲労回復効果”が期待でき、美肌効果もある。『はちみつ&レモンスカッ酒』は夜のリラックスタイムに飲むのにピッタリな缶チューハイだ。



・『はちみつ&レモンスカッ酒』に合うおすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

ゾンビグラス おすすめ度★★★★★
はちみつのコクが程よく、さっぱりと飲みやすい

ゾンビグラス


ふつうのコップ おすすめ度★★★★☆
はちみつが舌に残り、飲みごたえがある

ふつうのコップ


ジョッキ おすすめ度★★★☆☆
はちみつがきつく、重く感じる

ジョッキ


↓おすすめのグラスをランキング形式でご紹介ッ


・『はちみつ&レモンスカッ酒』の商品情報サイトがない!?

『はちみつ&レモンスカッ酒』は筆者が調べたかぎり、web上に公式の商品情報がないのだッ。筆者おすすめ度星5の缶チューハイの商品ページがないなんて残念である。もったいないので簡単な商品情報作ってみた。

北海道麦酒醸造 はちみつ&レモンスカッ酒 350ml

『はちみつ&レモンスカッ酒』

瀬戸内産のレモンと北海道の蜂蜜を使用しました。ピール(果皮)のほろ苦さと蜂蜜のやさしい甘さが織りなす自然な味わいをお楽しみください。〈砂糖、甘味料、香料、酸味料不使用〉
※缶裏から引用

リキュール(発泡性)①

〇原材料名:はちみつ(国産)、レモン、スピリッツ、炭酸
〇内容量:350ml
〇アルコール度数:3%
〇製造者:北海道麦酒醸造株式会社

【備考】
※地域により商品の価格・発売日・仕様等が異なる場合がございます。
※一部の地域および一部の店舗では取扱いのない商品がございます。
※画像はイメージです。
※お酒は酒類取扱店のみとなります。
※お酒は20歳をすぎてから。飲酒運転は法律で禁止されています。
※妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。


・『はちみつ&レモンスカッ酒』の評価:おすすめ度星5

  • 飲みやすさ・・・★★★
  • アルコール感・・・★
  • 甘さ・・・★★★★
  • オリジナリティ・・・★★★★★

※オリジナリティは筆者が商品に感じた独自性を数値化


↓コンビニで買えるおすすめ缶チューハイをまとめました!


『はちみつ&レモンスカッ酒』純アルコール量:8.4g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:北海道麦酒醸造株式会社,成城石井

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました