【複雑な味わい】寶CRAFT 山梨のもも<おすすめ度星5>宝酒造|チューハイ


2017年から販売が始まった、”寶CRAFTシリーズ”。今回紹介するのは、2019年10月仲間入りの『寶CRAFT 山梨のもも』だッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


地域限定のチューハイとして販売されている”寶CRAFTシリーズ”。地元を知るという意味でも、見かけたらぜひ飲んでみてほしいッ


・チューハイだが確かなコクがある

8・9月といえば、”もも”が旬の時期である。一番おいしい季節に、『寶CRAFT 山梨のもも』を飲めるなんて幸せだ。とりあえず飲んでみる。ごくり。




す、すっぱい!?


まず感じたのは酸味。そして、あとから”ももの甘さと香り”がくる。200円ちょっとのチューハイなのに、しっかりとコクがあるとは。なにが入ってるのだろうか。

<もも、ももスピリッツ、焼酎、白ワイン、酸味料、香料、増粘剤、酸化防止剤>
『寶CRAFT 山梨のもも』の甘さを引き立てる酸味の正体は、おそらく”白ワイン”だろう。白ワインを配合することで味に深みが出るだけではなく、香りも豊かになっている。


しかし、白ワインが多すぎるとせっかくの”もも”が台無しだが、このチューハイは絶妙なバランスでまとまっている。

・”山梨”のもものワケ

”もも”といえば、山梨県や福島県が有名である。2018(平成30)年のももの出荷量を見ると、山梨県が1位で、なんとシェア率35%(3万9400トン)となっている。

さらにびっくりなのが、山梨県で生産しているももの”品種の多さ”である。政府統計ポータルサイト・e-Statで果樹品種別生産動向調査を見てると、



山梨県では29品種のももを生産。



そして、


生産品種の多さも、山梨県が1位である。


山梨県で生産されているももの品種

 ちよひめ、日川白鳳、やまなし白鳳、加納岩白桃、暁星、みさか白鳳、はなよめ、夢しずく、夢みずき、長沢白鳳、一宮水蜜、紅綿香、なつおとめ、なつっこ、夢あさま、あかつき、一宮白桃、浅間白桃、白鳳、嶺鳳、黄美娘、ゆうぞら、幸茜、黄金桃、白桃、川中島白桃、ゴールデンピーチ、さくら、アルプス美人

e-Statー平成30年産特産果樹生産動態等調査ー果樹品種別生産動向調査より


今回の『寶CRAFT 山梨のもも』では、どの桃が使われているかわからない。もし、この中のいくつかの品種が混ざっているとしたら、



複雑で贅沢なチューハイであるッ




・ベストな飲み方は?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

ゴブレット おすすめ度★★★★☆
白ワインを強く感じ、甘さが抑えられている


ふつうのコップ おすすめ度★★★★★
ももの味わいがしっかり感じられ、飲みやすい


ゾンビグラス おすすめ度★★★☆☆
アルコール感をきつく感じ飲みにくいが、もも感は1番


・本当に合うか知りたい

チューハイとして、『寶CRAFT 山梨のもも』は完成された1本である。筆者はこのチューハイを料理と合わせるのは、不向きかと考えていた。しかし、公式webサイトにこんな文言があった。


ほ、ほうとう、だとッ


『寶CRAFT 山梨のもも』と”ほうとう”の味の合わさりが、全く想像できない。どんな複雑な味わいになるのか、ぜひ楽しんでみたいッ



『寶CRAFT 山梨のもも』純アルコール量:18.48g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:宝酒造,e-Stat(政府統計ポータルサイト),農林水産省

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

↓にほんブログ村に登録中!応援よろしくおねがいいたします!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログの更新のお知らせ ブロトピ:ブログを更新しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です