【奥深い】寶CRAFT 小笠原 島レモン<おすすめ度星3>宝酒造|チューハイ


2017年から発売が始まった、”寶CRAFTシリーズ”。今回紹介するのは、2018年仲間入りの『寶CRAFT 小笠原 島レモン』だッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


地域限定のチューハイとして販売されている”寶CRAFTシリーズ”。地元を知るという意味でも、見かけたらぜひ飲んでみてほしいッ


・ご当地チューハイ
今回飲んだ『寶CRAFT 小笠原 島レモン』は、寶クラフトシリーズ第1弾”栃木ゆず”から始まって6弾目のチューハイだッ


そもそも”寶クラフト”とは、


ご当地の素材を使用し、素材に合うベースアルコールにこだわり、手間を惜しまず「ひとてま造り」製法で丁寧に仕上げた、ご当地の嗜好性やグルメに合う地域限定のチューハイ 宝酒造より



地域限定ということで『寶CRAFT 小笠原 島レモン』も、”東京都・千葉県・埼玉県および神奈川県の一部地域”の販売であるッ。飲めてラッキー!





・島レモンとは
筆者が東京で暮らして10年。”島レモン”という言葉にピンとこない。
島レモンについて調べてみた。


ルーツは、中国が原産の『マイヤーレモン』。まろやかな酸味とさわやかな香りが特徴のレモンとのこと。大きさは通常のレモンの約1.5 倍で、形は丸みを帯びている。皮が青いうちから食べられることから、熟す前の緑色果を小笠原では「島レモン」もしくは「小笠原 島レモン」として出荷している。 小笠原村観光局,東京都産業労働局より



↓小笠原諸島 母島産のグリーンレモンを使用しているということで、場所を検索してみた



・ベストな飲み方は?
缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


①タンブラー おすすめ度★★★★★
香りがよく飲みやすい、後味が普通のレモンと違った味わいを楽しめる


ふつうのコップ おすすめ度★★★★
アルコール感は強いが、島レモンの酸味を楽しめる


ジョッキ おすすめ度★★★
アルコールを強く感じ、飲みにくい。レモンの風味も薄く感じる



・地元チューハイで乾杯を
”寶クラフト”は2021年8月27日現在で、”37種類”発売されている。


地域限定のクラフトチューハイのため、販売している場所にいかないと飲めないのだ。旅行の際、”寶クラフト”を見かけたら飲んでみてほしい。その場所でしか飲めないものなのだからッ


ちなみに筆者は、



北海道限定”余市産ナイアガラ”が飲んでみたい!



『寶CRAFT 小笠原 島レモン』純アルコール量:21.12g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:宝酒造,小笠原村観光局

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です