【完全にレサワ】昔懐かしいレモンスカッシュサワー<おすすめ度星2>オエノン|チューハイ


”昔懐かしい”シリーズに新フレーバーが登場ッ。
今回紹介するのは、オエノンの『昔懐かしいレモンスカッシュサワー』だ!
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


レモンスカッシュという、昭和感あふれるネーミング。純喫茶風とうたわれている『昔懐かしいレモンスカッシュサワー』に、筆者は”懐かしさ”を感じられるのか。興味がわいて、自家製レモンスカッシュを作ってみた



『昔懐かしいレモンスカッシュサワー』 の味は?

最初に申し上げておくと、筆者は喫茶店でレモンスカッシュを飲んだことがない。仕事の関係で、喫茶店に何度か訪れたことがあるが、毎回コーヒーを頼んでいた。


とりあえず飲んでみる。ごくり。




これは、レモンサワーやん。



・レモンサワーでした

レモンスカッシュを誤解していたかもしれない。某菓子製造メーカーが販売している”レモンスカッシュ”を想像し、甘いレモンスカッシュサワーだと筆者は推測していた。


パッケージを見ると、レモン果汁が5%も入っている。市販のレモンサワーの平均果汁含有率が”4.68%”(※市販レモンサワー15缶平均)なので、




平均以上のレモン果汁量だッ



やっぱりレモンサワーだ!



・おすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


タンブラー おすすめ度★★★☆☆
飲みにくさがあるが、甘さも抑えられている


②ゾンビグラス おすすめ度★★★★★
レモンスカッシュサワーという観点で見ると、1番。甘さもちょうどいい


ジョッキ おすすめ度★★★★☆
唯一アルコール感が感じられるが、甘さも際立つ



↓おすすめのグラスは?で使っているタンブラーです。焼酎のメモリがついていて便利。


・【簡単レシピ】レモンスカッシュつくってみた

先述したとおり筆者は、純喫茶でレモンスカッシュを飲んだことがないので、作ってみたッ
レシピサイトをいくつか見たが、基本的な材料は以下の”3つ”だ。

レモンスカッシュの材料

  • レモン
  • はちみつ
  • 炭酸水



そして、材料の比率は、

筆者独自のレモンスカッシュ材料比率

レモン汁2 : はちみつ1 : 炭酸水6
(1人前だと、レモン汁30ml : はちみつ15ml : 炭酸水90ml)

※甘すぎると感じる場合、炭酸水を7として作ることをおすすめ。



作り方は、①レモン汁とはちみつを混ぜます。

②次に炭酸水を入れれば、




完成ッ




※ちなみにはちみつの代わりに砂糖でも作ってみたが、コクがなくただのレモン炭酸水だった。

レモンスカッシュは今も楽しく飲める飲み物だッ


・『昔懐かしいレモンスカッシュサワー』の評価:おすすめ度 星2


新成人や新社会人で、お酒を飲み始めた方におすすめ


『昔懐かしいレモンスカッシュサワー』純アルコール量:8.4g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:オエノン

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

↓にほんブログ村に登録中!応援よろしくおねがいいたします!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です