【二日酔い】お酒を飲んで頭痛がするようになった時の治し方3パターン

この記事で解決できる悩み
  • お酒による頭痛を治す方法は?
  • 自分のアルコール体質を知るには?




一刻も早く治したいかと思いますので、前置きは省きます。まずは症状チェックしましょう

■症状チェックリスト■
  • お酒を飲んでいると、頭がズキズキする
  • お酒を飲んだ後、頭がズキズキする
  • 朝起きてみると、頭がガンガンする


どれか一つでも当てはまりましたか?


その頭痛の原因は、”アルコール”です。




原因物質のアセトアルデヒドに関してはこちらの記事を参照してください。


頭痛が起こってしまった場合、どうすればよいのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お酒を飲んで頭痛がするようになった時の治し方3パターン

二日酔い
二日酔い

頭が痛いんだから早く治し方を教えてほしい、という方に頭痛の対処法を3パターン紹介します。

頭痛の対処法3パターン
  1. 水や経口補水液を飲みましょう
  2. ウコンが配合されている機能性飲料を飲みましょう
  3. 市販の痛み止めを飲みましょう


それぞれ説明していきます。

①水や経口補水液を飲みましょう

水分補給

重要なのは頭痛を引き起こしているアセトアルデヒドを、一刻も早く体外に排出してしまう事です。水分をしっかり摂り、汗や尿と共に早めにアルコールを体外に排出させるようにします。そのためには水や、吸収のいい経口補水液を飲みましょう。


お酒を飲む方は水を常備するのもいいかもしれません。


②ウコンが配合されている機能性飲料を飲みましょう

ウコン

ウコンには、肝機能の向上・胆汁の分泌を促進する効果があります。ウコンを摂取することにより、胆汁の分泌が促進され、肝臓の解毒作用が高まり、肝臓の機能が向上するといわれています。飲み過ぎによる肝機能の低下を抑え、体内に残ったアセトアルデヒドの分解を助けてくれます。


ウコンの力などが有名でしょうか。口に合わないこともありますので、いろいろ試してください。


③市販の痛み止めを飲みましょう

あまりおすすめはしないのですが、頭痛がつらすぎて生活に支障がある場合にのみ頭痛薬や鎮痛剤を使用しましょう。「イブ」「バファリン」 などの市販薬が使用可能です。用法容量を必ず守って使用してください。飲む際は、空腹時を避けてください。気持ち悪くて胃に食べ物を入れられない場合は、ヨーグルトや果物など食べやすいものを食べてから服用をおすすめします。


二日酔い以外にも幅広く活躍してくれます。


番外:迎え酒はダメなの?

迎え酒という言葉があります。二日酔いの症状を緩和させるためにお酒を飲む行為を指す言葉ですが、絶対にやめましょう。アルコールには麻酔作用があり、二日酔いの症状である頭痛や吐き気を感じさせなくしているだけです。アルコール依存症になったり、脱水症状が悪化したりと百害あって一利なしです。

二日酔いがひどいときは、”もう絶対お酒は飲まない”と思うでしょう。しかし、わたしの経験上飲まなかったことはありません。同じことが起きないよう、飲み方を工夫したり自分のアルコール体質を知ることが大切です。

・自分のアルコール体質を知るには?

アルコール遺伝子検査
検査

二日酔いにならないためには上手なお酒の飲み方をするのも大事ですが、自分のアルコール体質を知っているとお酒の飲み方が変わります。次の3つの項目を見てください。

アルコール体質チェック
  • お酒を飲むが、あまり顔に出ない
  • 飲みすぎた翌日も、体にお酒が残っているような感じがする
  • 顔が赤くなる 


どれか一つでも当てはまりましたか?

上記3つのうち1つでも当てはまったら、アルコール関連疾患への危険性を認識してほしいです。
アルコール関連疾患の例として、アルコール依存症、急性アルコール中毒、咽頭がん、食道がん、肝臓疾患が挙げられます。


わたしはお酒を飲む人がひとりでも多く、長く楽しく飲んでほしいと願っています。自分の体質を知ることで、楽しい飲酒ライフを送ってほしい。


アルコール遺伝子検査について詳しく知りたい方はこちらから↓


参考リンク:厚生労働省,e-ヘルスネット

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました