【大本命】アサヒ「フルーツァー」を飲み比べてみた|アサヒビール

フルーツァー

アサヒビールは新ブランド「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」を4月5日から首都圏・関信越エリア限定で発売しました。



FRUITZER(フルーツァー)は2022年4月現在、Lemon & LimeとPink Grapefruitの2種類が販売されています。



この記事ではフルーツァーってなに?どっちが美味しい?ハードセルツァーって?を説明していきます。


フルーツァー

FRUITZER(フルーツァー)には、Lemon & LimeとPink Grapefruitの2種類のフレーバーがあります。


そもそもアサヒビールの新ブランド「フルーツァー」って何でしょうか。

フルーツァーとは

アサヒFRUITZER(フルーツァー)は2022年4月5日に首都圏・関信越エリア限定で発売されました。


“ハードセルツァー”の特長である甘さ控えめですっきりした後味はそのままに、人工甘味料を使用せず、果汁由来の自然な味わいに仕上げました。アルコール分は、酔い過ぎず、気軽に楽しみやすい4%です。

公式リリースより




「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」は味だけではなく、もう一つ特徴があります。それは「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」の容器です。


フルーツァー
スマート缶採用



「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」に使われている容器は、従来の缶チューハイよりも縦に長いスマート缶です。



アサヒビールの公式リリースを見てみると、初採用の「スマート缶」を安定供給するために福島工場に約5億円を投資したようです。「スマート缶」の口径や高さに合わせた充填ラインの新設やパッケージングラインの増設など、専用の製造設備を導入しています。



アサヒビールが巨額を投じて立ち上げた新ブランド「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」は、どんな味なのでしょうか。


FRUITZER(フルーツァー) Lemon&Lime

フルーツァー
パッケージ正面


フルーツァー
パッケージ裏面


◇フルーツァーレモン&ライム商品情報◇
  • アルコール度数:4%
  • 内容量:355ml
  • エネルギー(100mlあたり):32kcal
  • 原材料:ウオッカ(国内製造)、食物繊維、レモン果汁、ライム果汁、糖類/炭酸、酸味料、香料、ビタミンC
  • 味の特長:さわやかなフレッシュレモンの酸味と香りに少しクセのあるライムがアクセント(公式webサイトより)




FRUITZER(フルーツァー) Pink Grapefruit

フルーツァー
パッケージ正面


フルーツァー
パッケージ裏面


◇フルーツァーピンクグレープフルーツ商品情報◇
  • アルコール度数:4%
  • 内容量:355ml
  • エネルギー(100mlあたり):35kcal
  • 原材料:ウオッカ(国内製造)、グレープフルーツ果汁、糖類/炭酸、酸味料、香料
  • 味の特長:ピンクグレープフルーツの すっきりジューシーな味わいを再現(公式webサイトより)




フルーツァー飲み比べてみた

フルーツァー

「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」の2種類を味・飲みやすさ・香りの点で比べてみます。


フルーツァー レモン&ライムフルーツァーピンクグレープフルーツ
商品名FRUITZER Lemon&Lime FRUITZER PinkGrapefruit 
レモンの酸味と、ライムの苦味のバランスがいいピンクグレープフルーツ特有の苦味がしっかり味わえる
香りライム寄りの香り自然な果実の香り
飲みやすさスカッとして、とても飲みやすいガツンとした飲み味
おすすめ度
飲み比べ



『FRUITZER Lemon & Lime』と『FRUITZER Pink Grapefruit』はどちらもオススメです。お酒を飲み始めた人には、『FRUITZER Lemon & Lime』をまず飲んでみてほしいです。


レモンの酸味とほのかな甘みのおかげで、スポーツドリンクに近い飲みやすい味わいが楽しめます。


ハードセルツァーとは

「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」はアメリカで流行しているハードセルツァーを日本の嗜好に合わせて開発した新ブランドです。



ハードセルツァーとはアメリカで話題のフレーバー付き炭酸アルコール飲料です。「セルツァー=炭酸水」、「ハード=お酒入り」の造語です。



アメリカでブームになった理由は、2つあります。



一つは健康志向の人たちにハードセルツァーがハマったからです。



ハードセルツァーの最大の特徴は低カロリーです。今回飲み比べた「FRUITZER(フルーツァー)」の2種類は32kcalと35kcalで、市販の缶チューハイの平均カロリー45kcalより低いです。近年健康への意識が高まっているアメリカの人たちの興味をひきました。



もう一つはオシャレなパッケージです。




日本で若者のビール離れのニュースがたまにありますが、アメリカでも例外ではありません。若者はなぜビールを飲まなくなったかはおいておきますが、お酒を飲まないわけではないんですよね。



ハードセルツァーはオシャレで飲みやすいことで、いまの若者に受け入れられ、ブームとなったのです

日本メーカーのハードセルツァー

ハードセルツァーは2021年夏ごろより日本メーカーから発売されています。日本のハードセルツァーを紹介します。

WATER SOUR|サッポロ

watersour





DOSEE|オリオンビール

dosee





Topo Chico Hard Seltzer|日本コカ・コーラ

topochico





スミノフセルツァー|キリンビール

smirnoffseltzer





日本でも買える海外ハードセルツァー

日本でも海外のハードセルツァーが販売されています。3つ紹介します!

TRULY(トゥルーリー)

truly




TRULY
豊富なラインナップ




NATIVE(ネイティブ)

native






Nutrl(ニュートラ)

nutrl





まとめ:アサヒ「フルーツァー」を飲み比べてみた

フルーツァー

かんぱいたいむずはお酒を飲み始めた人にアサヒ「フルーツァー」をおすすめします。



2種類ともおすすめですが、特に『FRUITZER Lemon & Lime』を飲んでみてほしいです。



「アサヒ FRUITZER(フルーツァー)」は2022年4月現在、首都圏・関信越エリア限定で販売されていますが、7月5日に全国発売の予定です。ぜひ飲んでみてください。


執筆:編集長S
photos:かんぱいたいむず

コメント

タイトルとURLをコピーしました