【パインアメ】NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル<おすすめ度星4>オエノン|缶チューハイ

NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル
アルコール度数3%

みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。



今回紹介するのは、オエノンの『NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル』だッ。沖縄県産パイナップルを使用したご当地チューハイ。豊かな香りと、完熟したパイナップルの甘くフルーティーな味わいが楽しめます。沖縄県らしいパッケージデザインも特長です。



NIPPONPREMIUMシリーズは、“日本のおいしさをお届けしたい”をコンセプトに開発されたご当地シリーズです。味はどうでしょうか。


NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル
原材料


パインアメを舐めながら、炭酸水を飲んでいるような缶チューハイ

『NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル』パイナップルの香りが強く、甘さも強めです。しかし、甘ったるいわけではなく、ゴクゴクと飲みやすいパイナップルフレーバーチューハイに仕上がっています。


わたしは『NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル』を飲みながら、ただただパインアメを思い浮かべていました。


↓お酒を飲み始めた人に伝えたい7つのことをまとめました。お酒で失敗しないためにもぜひ。


・『NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル』の美味しい飲み方は?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

①タンブラー おすすめ度★★★★☆

少しえぐみを感じるが、パイナップル感はしっかりします

NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル
タンブラー


②ふつうのコップ おすすめ度★★★★★

パインの甘みと酸味でさっぱりとしている

NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル
ふつうのコップ


③ジョッキ おすすめ度★★★☆☆

甘さがあまりなく、香りも感じない

NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル
ジョッキ


↓缶チューハイはグラスで飲むと、香りもしっかり感じられます


・日本のパイナップル事情

『NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル』は沖縄県産パイナップルの果汁を4.5%使用しています。わたしは以前テレビで”日本で売られているパインのほとんどが外国産”と聞いた記憶があります。日本のパイナップル事情を調べてみたッ

・パイナップルの国内供給量

日本におけるパイナップルの国内供給量は、輸入が約95%を占めています。2020(令和2)年の財務省貿易統計(輸入)によると、パインアップル(生鮮)の輸入量は157,032tです。輸入先はフィリピンが一番多く97%を占めています。


・おいしいパイナップルの見分け方

パイナップルはスーパーで1年中売っていますが、あまり買う機会がありません。どういったパイナップルが美味しいのでしょうか。


おいしいパイナップルの見分け方として、まず注意すべきは「重さ」。持つとずっしりするもの、下部がぼってりしているものを選びます。もう一つは「見た目」。全体に丸みがあり、ツヤがあるもの、葉の緑が強いものが良いとされています。

オリオンビールより



・まとめ『NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル』の評価:おすすめ度星4

  • 飲みやすさ・・・★★★★
  • アルコール感・・・★
  • 甘さ・・・★★★★
  • オリジナリティ・・・★★★★

※オリジナリティは筆者が商品に感じた独自性を数値化




↓おすすめの缶チューハイをまとめましたッ。もし見かけたらぜひ飲んでみてください


NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル


NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル


NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル


JAN:4971980310709

『NIPPONPREMIUM沖縄県産パイナップル』純アルコール量:8.4g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:オエノン,政府統計ポータルサイト

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました