【七変化】贅沢搾りヨーグルトテイストプラスベリーミックス<おすすめ度星4>アサヒ|チューハイ


たっぷり果実で、ほんのりよえる贅沢チューハイの”贅沢搾り”シリーズ。
今回紹介するのは、9月7日にリニューアルされた『贅沢搾りヨーグルトテイストプラスベリーミックス』だッ。
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


『贅沢搾りヨーグルトテイストプラスベリーミックス』は、贅沢にも”5種類”の果実が使用されている。その中の”レッドラズベリー”が気になり調べていたら、インターネットの迷路にはまった。


・複雑な味わい

はじめに伝えておく。『贅沢搾りヨーグルトテイストプラスベリーミックス』は、口の中でさまざまな味に変化する。
口の中の変化をお伝えしよう。ごくり。


まずは、カルピスを思わせる乳酸菌飲料が来る。次に軽めのカシスを感じ、からのベリーたち。最後は、りんごのさっぱりとした味わいである。




なんと複雑



味の七変化だッ



・農林水産省という迷路

使用されている果実5種類のうち、筆者は”レッドラズベリー”に興味がわいた。なぜかというと筆者のまわりで、あまり見かけないからだ。



そして、この興味を満たしたとき、1時間経っていた。


それでは、編集長Sによるラズベリー報告会をはじめます。※基本基本引用である

ラズベリーとは、ラズベリーはブラックベリー同様、ほとんど無農薬でつくれ、スペースさえあれば楽しめます。とげはブラックベリーほど鋭くはありません。果実は甘みと酸味が調和して、香りがあり、生食向きですが、ジャムなどへの加工にも適します。

みんなの趣味の園芸より




ふむふむ、”日本で作られているのかな”
農林水産省を見てみた。


ラズベリー生産地

  • 北海道(帯広市、仁木町、長沼町)
  • 秋田県(五城目町、大館市、大仙市)
  • 山形県(新庄市、舟形町、飯豊町)

平成30年産特産果樹生産動態等調査より


そして、収穫量・出荷量1位は、

平成30年産特産果樹生産動態等調査


”秋田県”


栽培面積は秋田県と山形県が並ぶようだが、秋田県は生産者数が多いようだ。生産者数に関してはデータがなかったため、秋田県の五城目町ラズベリーのサイトを参考。


筆者は初めて農林水産省のデータを利用した。統計データとはこんなにも複雑なのかと感じた。

もしラズベリーのデータがほしい場合、ラズベリーは

”指定果樹以外の果樹(110品目)のかんきつ類以外 (41品目)”と覚えておこうッ



さらに詳しくは、



かんきつ類以外の果樹【落葉果樹】だッ





ふぅ


・ベストな飲み方は?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

タンブラー おすすめ度★★★★☆
甘さがきつく、果汁が感じにくい


たまご型グラス おすすめ度★★★★★
缶からは感じにくいベリー系の香りがよく、飲みやすい


ジョッキ おすすめ度★★★☆☆
非常に飲みやすいが、果汁感がいまひとつ
※写真撮り忘れました・・・

・意外と料理に合う!?

乳酸菌飲料感が強く、かつベリーの味もしっかりするので、料理と合わせるのは難しいと想像していた。しかし、カルパス(ドライソーセージ)をかじりながら飲んでみると、



絶妙に合うッ



イメージで決めつけず、いろいろな料理と楽しんでみよう!



『贅沢搾りヨーグルトテイストプラスベリーミックス』純アルコール量:11.2g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:アサヒビール,農林水産省,e-Stat(政府統計ポータルサイト),五城目ラズベリー

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

↓にほんブログ村に登録中!応援よろしくおねがいいたします!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です