【革新者】WATER SOUR レモン<おすすめ度星2>サッポロ|チューハイ

アルコール度数3%


日本の大手ビールメーカーがついに、ハードセルツァーを製造!今回紹介するのは、サッポロの『WATER SOUR レモン』だッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。


アメリカの若者たちに大人気のアルコールカテゴリー”ハードセルツァー”!日本でもついに大手メーカーオリジナルの商品が発売となる。サッポロが送り出す『WATER SOUR』は、日本のハードセルツァーブームの火付け役となれるかッ!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・”WATER SOUR” ≒ ハードセルツァー

原材料

ハードセルツァーをおさらいすると、“フレーバー付きのアルコール入り炭酸水”のことである。”ハードセルツァー”は、チューハイやビールといったアルコールの”新しいカテゴリー”なのだ。


そして、ハードセルツァーの最大の特徴は、”低カロリー・低糖質”。ほかにも、原材料のアルコールはサトウキビ由来のものを使っていることが挙げられる。ちなみに『WATER SOUR』で使われているアルコールは”ウォッカ”なので、厳密にはハードセルツァーではない。


・『WATER SOUR レモン』は日本流ハードセルツァー

原材料だけ見ると、『WATER SOUR レモン』はチューハイだ。しかし、大事なのは、




”低カロリー・低糖質”という点である。



アメリカで人気が出た背景に、若者のビール離れや、消費者の健康志向がある。
だから、そのニーズを満たすであろう『WATER SOUR』は、



日本流ハードセルツァーと言っても過言ではないッ



↓ほかのハードセルツァーはこちら


・『WATER SOUR レモン』に合うおすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


タンブラー おすすめ度★★★★☆
飲みやすく、ほのかにレモンかおる


ふつうのコップ おすすめ度★★☆☆☆
炭酸が弱く感じられ、レモンの香りも感じにくい


チューリップ型ロックグラス おすすめ度★★★☆☆
レモンの香りはするが、飲みにくさ・固さを感じる



・若者に刺さるか
アメリカのハードセルツァーは、パッケージがオシャレで奇抜だ。日本でいう、エナジー系ドリンクのパッケージに似ている。


しかし、 『WATER SOUR レモン』 はスーパーや、缶チューハイの売り場にある缶チューハイたちと同じ形状の缶である。チェーンストア理論のある種の標準化にとらわれ、コスト重視ではないか。


若者や、女性に合わせるなら、もっと形状を変えるべきではないだろうか。
日本人の手はアメリカ人よりも小さいので、もっと細めの缶スタイルで出してほしい。



『WATER SOUR レモン』はシンプルでわかりやすいが、果たして若者が手に取るだろうか。


『WATER SOUR レモン』純アルコール量:8.4g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:サッポロ,世界雑学ノート

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました