【金メダル級】-196℃ 〈ザ・まるごと日向夏〉<おすすめ度星4>サントリー|チューハイ


”果実まるごと”缶チューハイに封じ込める”-196℃ ”シリーズに日向夏が登場!今回は『-196℃ 〈ザ・まるごと日向夏〉』をご紹介ッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


皮もおいしい日向夏と、果実まるごと瞬間凍結して味わう”-196℃ ”は相性抜群の缶チューハイになっているッ



・とにかくキレがいい
暑い夏には、さっぱり飲める柑橘系の果実がチューハイとよく合う。
チューハイ×柑橘系の種類は豊富だ。


現在発売中のチューハイで見ると、レモン・グレープフルーツ・シークヮーサー・ゆず・甘夏・オレンジetc

とにかくたくさんあるッ



そして、



今回使用されている柑橘は”日向夏”




そんな日向夏特有の甘み・酸味・ほのかな苦みがキレのいいチューハイを生み出している。




・日向夏のおさらい
レモンやグレープフルーツ、みかんのことは知っているが、正直”日向夏”のことはよく知らない筆者。さらにおいしく飲むためにちょっと調べてみた。

日向夏は、世界でも珍しい異色の柑橘です。
その果色・果肉・香り・味のすべてが他の柑橘に類をみない独特なものと言えます。
ーーーーーーーーーー途中省略ーーーーーーーーーー
ほんのり甘みのある白皮と、爽やかな酸味のある果肉を一緒に食べることではじめて、日向夏の「真の美味しさ」を味わうことができるのです。
参考:日向夏研究室



皮もおいしい”日向夏”は、まるごと味わえる”-196℃ ”にピッタリな果物だッ

ベストな飲み方は?
缶のまま飲むのもいいが、居酒屋感を味わいたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


タンブラー おすすめ度★★★★★
チューハイとしてはほぼ完璧な味わいを楽しめる


ふつうのコップ おすすめ度★★★
日向夏の甘みや苦みが感じにくい


ジョッキ おすすめ度★★★★
アルコール感がなくなるが、日向夏を楽しめる


・”飽きない”という絶大さ

筆者あるあるなのだが、缶チューハイは1缶で満足してしまうのだ。原因はいろいろあるのだが、度数が高すぎたり、甘かったり。

しかし、『-196℃ 〈ザ・まるごと日向夏〉』はさっぱりしていて飲み飽きないッ

継戦能力、いや、継飲能力が非常に高い缶チューハイだ。



飲みすぎ注意ッ


参考リンク:サントリー

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です