【数量限定】チューハイまる搾り いちご<おすすめ度星4>トップバリュ|缶チューハイ

アルコール度数3%

みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。



今回紹介するのは、トップバリュの『チューハイまる搾り いちご』だッ。スッキリとしたおいしさ、みずみずしくはじける果汁感が味わえます。



“トップバリュベストプライス”は価格が安いイメージとともに、可もなく不可もない味の印象があります。『チューハイまる搾り いちご』は税込価格 93.50円で、数量限定で販売中ですッ。味はどうでしょうか?

原材料


甘いけど、さっぱりごくごく飲めるいちごのチューハイッ


わたしは『チューハイまる搾り いちご』を飲んで、昔よく舐めていた飴を思い出しました。これです。

アメハマ製菓 いちごミルク 85g


”いちごミルクキャンディ”

『チューハイまる搾り いちご』の味はイチゴのアメを思い出させます。しかし、甘すぎずさっぱりとしていて、飲みやすい味に仕上がっています。数量限定なのが惜しいですね。


↓お酒を飲み始めた人に伝えたい7つのことをまとめました。お酒で失敗しないためにもぜひ。


・『チューハイまる搾り いちご』の美味しい飲み方は?

缶のまま飲むのもいいですが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

①ゾンビグラス おすすめ度★★★☆☆

いちごの味をあまり感じず、炭酸がきつい

ゾンビグラス


②ふつうのコップ おすすめ度★★★★☆

甘いイチゴの味わい

ふつうのコップ


③ジョッキ おすすめ度★★★★★

いちごの甘さだけではなく、酸味もありさっぱり飲める

ジョッキ


↓おすすめのグラスをランキング形式でご紹介ッ


・いちごは果物ですか?野菜ですか?

いちごといえば、栃木県の”とちおとめ”や福岡県の”あまおう”、静岡県の”紅ほっぺ”が有名ですよね。いちごの品種は日本にどれくらいあるのでしょうか。調べてみたッ。



と、いきたいところなのですが、いつも利用する政府統計ポータルサイトの果樹の品目に”いちご品目がない”のです。いちごはバラ科なので、”花き”かもしれないと思い、花きの品目を見ても”いちごがないッ”



さらに調べてみると、農林水産省に答えがありましたッ



いちごは野菜に含まれるのです。


ー完ー



・まとめ『チューハイまる搾り いちご』の評価:おすすめ度星4

  • 飲みやすさ・・・★★★★
  • アルコール感・・・★
  • 甘さ・・・★★★★★
  • オリジナリティ・・・★★★★

※オリジナリティは筆者が商品に感じた独自性を数値化

チューハイまる搾り いちご




↓おすすめの缶チューハイをまとめましたッ。もし見かけたらぜひ飲んでみてください


『チューハイまる搾り いちご』純アルコール量:8.4g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:トップバリュ,農林水産省

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました