【香りがいい】さらりとした梅酒 スパークリング<おすすめ度星3>|缶チューハイ

アルコール度数4%

微炭酸でやさしい、さらりとした飲み口の梅酒。今回紹介するのは、CHOYAの『さらりとした梅酒 スパークリング』だッ。
みなさん、乾杯してますか?編集長のS(@kanpaitimes)ですッ。



筆者は普段梅酒をあまり飲まない。『さらりとした梅酒 スパークリング』を飲むまで、”ウメッシュ”と混同していた。味はどうだろうか。


原材料

『さらりとした梅酒 スパークリング』は”The CHOYA ウメッシュ”といくつか違う点がある。筆者が感じた1番の違いは、原材料である。『さらりとした梅酒 スパークリング』には”ブランデー”が配合されている。とりあえず飲んでみる。ごくり。

まろやかな梅の味で、鼻からブランデーのかおりが抜けるッ


『さらりとした梅酒 スパークリング』は名前ほど軽やかな梅酒ではない。最初の口当たりは梅酒の中ではダントツに飲みやすい。しかし、口に入った後はしっかりとした濃厚な梅酒である。『さらりとした梅酒 スパークリング』を飲んだ後は、ブランデーの香りが鼻から抜けていきリラックスさせてくれる。

↓”The CHOYA ウメッシュ”もおすすめです


・『さらりとした梅酒 スパークリング』に合うおすすめのグラスは?

缶のまま飲むのもいいが、もっとチューハイを楽しみたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。

①シャンパングラス おすすめ度★★★☆☆

梅の味がうすく感じる

シャンパングラス


②ふつうのコップ おすすめ度★★★★☆

1番飲みやすいが、コクは薄れる

ふつうのコップ


③たまごグラス おすすめ度★★★★★

香りがよく、口当たりの梅のボリューム感がいい

たまごグラス


↓おすすめのグラスをランキング形式でご紹介ッ


・コンビニで売っているCHOYAの缶チューハイ飲み比べ

かんぱいたいむずは以前、”The CHOYA ウメッシュ”を飲んでいる。『さらりとした梅酒 スパークリング』と”The CHOYA ウメッシュ”はどう違うのか飲み比べてみたッ。

さらりとした梅酒 スパークリングウメッシュ
商品名さらりとした梅酒 スパークリングThe CHOYA ウメッシュ
アルコール度数4%4%
原材料梅(国産)、砂糖、酒精、
ブランデー/炭酸
梅(紀州産南高梅)、糖類、酒精/炭酸
梅の種類国産梅(25g)紀州産南高梅(35g)
飲みやすさ
初心者おすすめ
梅酒飲み比べ


お酒初心者は梅酒がおすすめである。コンビニで売られている梅酒の缶チューハイはCHOYAが主流だ。シーン別で飲み分けるのがいいかもしれない。お酒を初めて飲むなら”The CHOYA ウメッシュ”がおすすめである。理由は梅酒のお手本の味であるためだ。家でリラックスしたいときは、『さらりとした梅酒 スパークリング』をおすすめする。とにかく香りがいい点が勧める理由である。

↓お酒の強い・弱いは遺伝子で決まっています。お酒の付き合い方を見直しませんか


・まとめ『さらりとした梅酒 スパークリング』の評価:おすすめ度星3

  • 飲みやすさ・・・★★★
  • アルコール感・・・★★★
  • 甘さ・・・★★★★
  • オリジナリティ・・・★★★★★

※オリジナリティは筆者が商品に感じた独自性を数値化


↓『さらりとした梅酒 スパークリング』はローソンで売っています


↓CHOYAの3年熟成ものです


『さらりとした梅酒 スパークリング』純アルコール量:8g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:CHOYA

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

コメント

タイトルとURLをコピーしました