【酒飲み必見】WATTA リラックスシークヮーサー<おすすめ度星5>オリオンビール|チューハイ


鮮やかなパッケージで一度は見たことあるかも。今回は、2021年4月から関東で発売している『WATTA リラックスシークヮーサー』をご紹介ッ
みなさん、乾杯してますか?編集長のSですッ。


コンビニのお酒売り場でひときわ存在感を放つ”WATTA”。派手なパッケージだが、もしかしたら世界の酒飲みを救うかもしれない、そんなチューハイだ。



・WATTAシリーズに激震
ストロング系(9%)の生産停止というニュースがあったことを知っているだろうか。当時ツイッターのタイムラインで流れてきたのを筆者も見た覚えがある。

このニュースは、”WATTA”を販売する沖縄ビールメーカー”オリオンビール”が昨年12月に発表したものだ。

そして、



WATTAのラインナップからストロング系(9%)が消えた


・チューハイの見方が変わる
以前からアルコール依存症の温床になりうると、ストロング系(9%)問題はあった。”ストロング系”と調べれば、注意喚起の記事がたくさん出てくる。


筆者は、お酒は適度に、楽しく飲んでほしいと思っている。


そして、オリオンビールも”「お酒は長く、楽しく、健康的に」をモットーに、より良い飲酒文化とは何かを常に模索しております”と。



アルコール度数4%の”WATTA”はお酒を飲む人のことを考えたチューハイである。


・ベストな飲み方は?
缶のまま飲むのもいいが、居酒屋感を味わいたいッ
ということで、3種類のコップを使って飲んでみる。


タンブラー おすすめ度★★★★☆
アルコール感や甘さのバランスがいい


ふつうのコップ おすすめ度★★★★★
非常に飲みやすく、シークヮーサーがガツンとくる


ジョッキ おすすめ度★★★☆☆
シークヮーサーを強く感じ、飲みにくさを覚える




・おいしいお酒をたのしもう
今回『WATTA リラックスシークヮーサー』の紹介をあまりできず申し訳ないッ。非常に飲みやすく、筆者は焼肉で飲みたいと感じるチューハイだった。


最後に、オリオンビールが表示を始めた”純アルコール量”を紹介したい。

純アルコール量とは

純アルコール量とは、お酒に含まれているアルコールのグラム数を指します。
”節度ある適度な飲酒量”は、1日平均純アルコールで約20g程度である。
計算式は以下のとおりです。

【容量(ml)× アルコール度数 × 比重0.8】= 純アルコール量(g)



ちなみにWATTAの純アルコール量は”11.2g”。


ぜひ参考にしてもらいたいッ




『WATTA リラックスシークヮーサー』 純アルコール量:11.2g(適正飲酒量1日平均純アルコール量20g)

参考リンク:オリオンビール,健康おきなわ21

執筆:編集長S

photos:KanpaiTimes

↓にほんブログ村に登録中!応援よろしくおねがいいたします!

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

ブロトピ:ブログの更新のお知らせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です